【日本S】ヤクルト石川雅規、41歳左腕最年長白星…きょう高津監督誕生日に日本一決める

スポーツ報知
日本シリーズ史上2番目の年長勝利を挙げた石川雅規(左)を祝福するつば九郎(カメラ・相川 和寛)

◆SMBC日本シリーズ2021 第4戦 ヤクルト2―1オリックス(24日・東京ドーム)

 「SMBC 日本シリーズ2021」第4戦は、ヤクルトがオリックスを1点差で破り、3勝1敗で20年ぶりの日本一へ王手をかけた。先発した石川が、直球は130キロ台前半ながら変幻自在の投球で6回3安打1失点。41歳10か月のシリーズ勝利は左腕最年長、セ・リーグでも最年長の快挙となった。2勝1敗から王手をかけたチームのV率は96%。前年最下位から日本一になれば、1960年の大洋以来、実に61年ぶりとなる。

 悔しさを見せたのは一瞬だった。石川はすぐに気持ちを切り替えた。1点リードの6回2死一塁、フルカウント。宗の右前安打をサンタナがはじく間に、スタートを切っていた一塁走者が生還した。同点に追いつかれて、打者は青学大の後輩・吉田正。131キロの内角球で詰まった二飛に仕留めた。この回限りで降板したが、直後に味方が勝ち越して日本シリーズ初勝利。「先頭打者から全力、いつ潰れてもいい気持ちで投げていた」。41歳10か月での勝利は歴代2位、セでは最年長の偉業となった。

 6回をわずか3安打1失点(自責0)の快投。「クリーンアップが強力」と警戒していた3番・吉田正、4番・杉本の“青学コンビ”を計5打席無安打に封じた。「日本シリーズに来るのも、ここで勝つことができたのも、自分自身に『良かったね』と言ってあげたい」。お立ち台では穏やかな笑顔で喜びをかみしめた。

 プロでは小柄な身長167センチの肉体で現役最多の177勝。直球の最速は130キロ中盤でも多彩な球種を丁寧に操り「いかに真っすぐを速く見せるか」という理想の投球でオリックスを封じた。全77球のうち高めはわずか8球。真骨頂の制球力で、真ん中より低めのコースに投球の実に約90%を集めた。それはこの20年間、追い求めてきた投球そのものだ。

 「球が速くなくても長く活躍されている方はたくさんいらっしゃる。そういう先輩がいたからこそ、勇気をもらって頑張ってこられた。子供たちや野球をやっている人が『石川が頑張っているなら俺も』と思えるような選手でいたい」

 15年の初出場時には2戦2敗。悔しさだけが残った舞台で、7年越しの勝利をつかんだ。

 「もう一度、プロ野球生活をやれと言われたら難しい」。そう振り返るほど、ストイックなまでの向上心が左腕を支える。年齢を重ねて肉体は変化し、過度な練習はできない。その代わりに得た経験や知識で、技術の進化を目指してきた。

 「自分で限界をつくってしまったらその先はない。可能性がゼロじゃない限り、もっとうまくなれる。現に、うまくなっている感じがするんです」

 結果が全ての勝負の世界で、新たな感覚を追い求めてきた20年。最高峰の舞台で限りない可能性を示した。

 3連勝で20年ぶりの日本一に王手。2勝1敗から王手をかけたチームのV率は96%に上る。高津監督は「彼らしい投球をしてくれた」とたたえた。第5戦が行われる25日は指揮官の53歳のバースデー。石川は悲願を心待ちにするファンに約束した。「東京ドームで決められるように頑張ります」。頂点は、もう目の前だ。(小島 和之)

 ◆石川の2015年の日本シリーズ ソフトバンクとの日本シリーズで2度先発。第1戦では、球団最年長記録となる35歳9か月でシリーズ開幕投手を務めたが、4回3失点で黒星。1勝3敗と崖っ縁で迎えた第5戦には中4日で先発するも、5回途中4失点で黒星を喫し、シリーズ2戦2敗だった。

 ◆石川 雅規(いしかわ・まさのり)1980年1月22日、秋田市生まれ。41歳。秋田商では3年夏に甲子園出場。青学大では2年時に全日本大学選手権優勝。3年時にシドニー五輪に出場した。2001年に自由獲得枠でヤクルト入団。1年目から12勝で新人王。今季は史上初の大卒から20年連続勝利、セ新の295試合連続先発登板を達成(306でストップ)。通算504登板、177勝176敗、防御率3・86。167センチ、73キロ。左投左打。年俸9000万円。家族は夫人と2男。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請