【日本ハム】清宮幸太郎、花巻東・佐々木麟太郎に“111発超え”期待「ケガだけ気をつけていれば敵なし」

スポーツ報知
鎌ケ谷スタジアムで自主トレを行った清宮

 日本ハムの清宮幸太郎内野手(22)が24日、花巻東・佐々木麟太郎に“111発超え”を期待した。高1ですでに49発を誇る怪物ルーキーについて、歴代最多とされる高校通算111本塁打を記録した清宮は「記録は抜かされるためにあるようなものなので『もっと打ってくれ』という感じですね。本当にケガだけ気をつけていればもう敵なしだと思う」とエールを送った。

 自身は高校1年秋終了時22本だったが、秋の大会後に試合がなく「すごい言い訳みたいですけど、(試合があれば)もうちょい稼げたなって思います」と笑顔で振り返る。それでも、明治神宮大会で2本塁打を放った佐々木の高い能力は素直に認めるところ。「僕よりフルスイングできるし、(タイミングを)外されても合わせるうまさも兼ね備えている。楽しみですよね。だから本当にケガだけはしないようにしてほしい」と、同じ左の長距離砲に大きな期待を注いだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請