【ジャパンC】ダービー馬シャフリヤール、動き軽快!神戸新聞杯のダメージも回復 藤原英調教師「ここまで順調」

スポーツ報知
川田のタクトで坂路を悠然と駆け上がるシャフリヤール(左)

◆ジャパンC追い切り(24日・栗東トレセン)

 第41回ジャパンC・G1(28日、東京)に参戦する日本馬15頭が24日、東西トレセンで最終追い切りを完了した。ダービー馬4頭の最年少シャフリヤールは栗東・坂路で、4着に終わった神戸新聞杯のダメージ回復を印象づける動き。3冠馬コントレイルなど強力古馬に一泡吹かせるか。枠順は25日に決定する。

 抜群の推進力だ。シャフリヤールは栗東・坂路でトーセンスカイ(5歳2勝クラス)を1馬身半追走。リズム良く四肢を回転させ、活気十分に駆け上がった。馬なりでも、後半にかけてスピードはぐんぐん上昇。余力を残したまま軽快な伸び脚を披露し、53秒8―12秒2で併入に持ち込んだ。3戦ぶりにコンビを組む川田は「時計的にも指示通りです」と好感触を強調した。

 「先週しっかりやっているので今週は坂路で整える感じ。動きも予想通り」。順調ぶりを口にする藤原英調教師の明るい表情にも理由があった。今秋初戦の前走・神戸新聞杯は不良馬場に泣いた4着。成長途上の3歳馬の体にはダメージが残った。「しっかり2か月休養を取った。ケアをして体調を整えてここまで順調」。回復に太鼓判を押せる状態だ。

 1分43秒9という衝撃のレコードVだった3月の毎日杯以来のタッグ。その間、川田は日本人初の米ブリーダーズC優勝ジョッキーとなり、シャフリヤールは競馬の祭典を制した。人馬ともに国内外で輝かしい実績を残しての再会。「バランスが良くなって、まとまりが出て、いい走りをするようになったと思います」と成長を感じ取る。

 3冠馬コントレイルを含む年長3頭のダービー馬や海外馬との対戦。しかし、今秋の古馬混合G1を席巻する「強い3歳世代」の頂点に立った底力は、いささかも見劣りしない。「コントレイルに挑める最後のチャンスですので、今年のこの世代のダービー馬として全力で胸を借りて挑んでいきたいなと思います」と川田。名だたる実力馬を撃破し、世代を超えた頂点に立つ。(水納 愛美)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請