【日本S】ヤクルトが3連勝で日本一へ王手…セ最年長勝利の石川雅規「自分自身によかったねと言いたい」

2回無死、先制となる右越えソロ本塁打を放ったドミンゴ・サンタナとタッチを交わすホセ・オスナ(右、左は高津臣吾監督=カメラ・義村 治子)
2回無死、先制となる右越えソロ本塁打を放ったドミンゴ・サンタナとタッチを交わすホセ・オスナ(右、左は高津臣吾監督=カメラ・義村 治子)

◆「SMBC 日本シリーズ2021」第4戦 ヤクルト2―1オリックス(24日・東京D)

 ヤクルトが接戦を制して3連勝。対戦成績を3勝1敗とし、日本一へ王手をかけた。

 2回にサンタナの2戦連続弾となる2号ソロで先制。6回に同点に追いつかれるも、直後の6回2死一、二塁から、オスナの中前打で勝ち越した。

 投げては、41歳10カ月の先発・石川が、2016年第3戦の黒田(広島)以来となる40代での日本シリーズ登板。6回3安打1失点の粘投を見せ、石山、清水、マクガフのリリーフ陣が無失点リレーを完成させ、石川は日本シリーズではセ・リーグ最年長勝利を飾った。

 石川雅規投手「いろんな1勝というのは重いですけど、日本シリーズに来るまでも長かったですし、ここでまた勝つことができたのが本当に自分自身に『よかったね』と言ってあげたいというか、はい、うれしいです。(セ・リーグ最年長勝利投手は)年齢は関係ないと思っているので、マウンドに上がったら、まだまだルーキーの気持ちで投げているので、これからも一生懸命、腕を振りたいと思います。きょうもたくさんのみなさまの応援ありがとうございます。一戦一戦戦った結果が3勝になりましたけれども、明日もチームスワローズ、ファンのみなさんと一丸となって一生懸命勝ちたいと思います。そして、いい試合ができるように、ここ東京ドームで決められるように頑張りたいと思いますので、また熱いご声援よろしくお願いします!」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請