「箱根駅伝前哨戦」MARCH対抗戦で好記録が連発 青学大が優勝 明大が2位

スポーツ報知
ライトアップされたMARCH対抗戦の1万メートルタイムレース 

 第98回箱根駅伝(来年1月2、3日)に出場する青学大、明大、中大、法大と、第100回大会での復帰を目指す立大の5校が参加し「GMOインターネットグループプレゼンツMARCH対抗戦2021」が24日、東京・町田市の町田ギオンスタジアムで開催された。

 1万メートルのレースが5組行われ、各校上位10人の合計タイムで争い、青学大が平均28分30秒72で優勝した。明大が平均28分48秒17で2位、中大が29分3秒12で3位、法大が29分13秒18で4位、立大が29分49秒24で5位だった。優勝チームの青学大には30万円、28分14秒34で個人トップになった青学大の近藤幸太郎(3年)に3万円の奨学金が贈られた。また、自己ベストを最も更新した選手に贈られる「アベマ賞」は、32分1秒55から29分26秒30と2分35秒25も短縮した中大の山田俊輝(3年)が獲得し、3万円の奨学金を授与された。

 スタジアムにはレーザービームが飛び交い、レース中は出場5校の応援団のエールが続いた。大会の模様はアベマTVでライブ配信された。大会を立案した青学大の原晋監督は「ド派手な、今までの陸上界にはない大会です」と胸を張った。持ちタイム中位の選手が走るレースでは立大の上野裕一郎監督が自ら学生たちを引っ張り、持ちタイム上位選手が走るレースでは実業団のSGホールディングスのケニア人選手がペースメーカーを務めた。自己ベスト、好記録が連発し、新規大会は大きく盛り上がった。

 「1万メートルの上位10名の記録は駅伝の順位と相関性があり、このタイミングでの開催は箱根駅伝前哨戦になる」と青学大の原監督は今大会の狙いを説明した。さらに「近い将来、MARCHの5校が箱根駅伝で先頭争いをするでしょう」と威勢良く話した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請