【ロッテ】ドラ1・松川虎生と契約 契約金の使い道は「両親がほしいものを」

スポーツ報知
契約に合意したドラフト1位の市立和歌山高・松川虎生

 ロッテは24日、ドラフト1位指名の市立和歌山高・松川虎生捕手と和歌山市内のホテルで契約金1億円、年俸1300万円で契約を結んだ(金額は推定)。

 強肩に加え、高校通算43本塁打とパンチ力のある打撃が魅力の松川は「プロ野球選手になるんだという実感がわきました。今日の初心を忘れずにこれからしっかりとやっていきたいと思います。目標は打てる捕手になることです。まずは一年目からチームの力になれるように精一杯、頑張ってチームから必要とされる選手になっていきたいです」と意気込んだ。

 さらにはバッテリーとして切磋琢磨しあい、同校からDeNAに1位指名を受けた小園について「プロの舞台で対戦するのが夢」と目を輝かせ、契約金の使い道について聞かれると「両親の欲しい物を買っていただければいいかな」と笑顔を見せた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請