テレ朝・山本雪乃アナ、「ドクターX」でドラマデビュー「本当にありがたい経験です」

スポーツ報知
25日放送の「ドクターX~外科医・大門未知子~」でドラマデビューの山本雪乃アナウンサー(左)は大門未知子役の米倉涼子とニッコリ(C)テレビ朝日

 テレビ朝日の山本雪乃アナウンサー(30)が25日放送の同局系人気ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(木曜・午後9時)でドラマ初出演することが分かった。

 米倉涼子主演の同ドラマは100年に1度のパンデミックで新局面を迎えた日本最高峰の大学病院・東帝大学病院を舞台に第7シリーズを放送中。25日放送の第7話には2012年の第1シリーズ、17年の第5シリーズにレギュラー出演した田中圭が再登場。失敗しない外科医・大門未知子(米倉)に憧れるも腕も自信も到底、及ばず、たびたび愛すべきポンコツぶりを発揮してきた外科医・森本光(田中)が動画配信バズりまくりの「医療系インフルエンサー」へと変貌を遂げ、東帝大学病院に戻ってくるというストーリーとなる。

 そして、もう一つの目玉が現在、朝の情報番組「グッド!モーニング」(月~金曜・午前4時55分)などに出演中の山本アナのドラマデビュー。定食屋の客の役で登場する山本アナは米倉、根岸季衣との共演に「とてもぜいたくな経験でした。出演が決まった時は、とにかくビックリしました! しかも大人気ドラマ。テレビ朝日を代表するドラマ『ドクターX』に出られるなんて驚きました!」と興奮しきり。

 山本アナが演じるのは七宮安江(根岸)が切り盛りする定食屋にやって来た元気な客。実は安江、未知子の研ぎ澄まされた観察眼によって早急にオペが必要な胃がんを患っていることが判明するも、手術や長期入院には消極的。検査結果が出た直後、オペを受けずに退院。未知子はそんな安江を心配し、病院に連れ戻そうと来店。山本アナ演じる客がご飯をもりもり食べているところに姿を現し…という場面となる。

 「米倉さんがリハーサル終わりで優しくお話してくださって、すごく安心しました」と山本アナ。「米倉さんと根岸さんのアドリブも交えた掛け合いは、さすがのテンポ感! それを目の前で見られるなんて、とてもぜいたくな経験でした。根岸さんが『本当にいる、いる! こういう食堂のおばちゃん!』という感じで、私も客としての一面を引き出していただけたかなと思います」と続けた。

 さらに第7話では、未知子が「今シリーズ最強の敵」である蜂須賀隆太郎(野村萬斎)と急接近という場面も。第1話から犬猿の仲だった2人が予告PRでは夜景を望むムーディーなレストランで同席。蜂須賀が未知子の手を取り、熱い視線を送る場面が放送される。

 10月の制作発表会見で「ドクターX」の生みの親である脚本家・中園ミホ氏は「これまでは大門未知子先生の恋愛をあまり描いたことがなかったんですけど、今回は初めてちょっとその要素も描こうと思っています」と明かし、ファンをどよめかせたが、今回、未知子の恋愛が描かれるのかにも注目だ。

 ◆山本雪乃アナウンサー・コメント

 「ドラマに出演するのはこれが最初で最後なんじゃないかなと思っておりますが、本当にありがたい経験です。(撮影に参加して)ドラマはプロの職人さんたちが集まって作っているんだな。しかも、こんなに多くの人がいる中で、役者さんたちはお芝居しているんだなと驚きました。テレビで見ているだけでは分からない裏側を知ることができたのは、本当に貴重な体験で、とても勉強になりました」

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請