【神宮大会】国学院大は準決勝敗退 オリックス3位の福永主将「プロという舞台でこの悔しさを糧にする」

スポーツ報知
初の決勝進出を逃したの国学院大ナインはうつむきながら整列へ向かう(左から3人目は福永奨主将=カメラ・泉 貫太)

◆第52回明治神宮野球大会第5日 ▽大学の部準決勝 中央学院大6―2国学院大(24日・神宮)

 主将は笑顔でチームを鼓舞し続けた。今秋のドラフト会議でオリックスから3位で指名された国学院大(東都大学)の4番・福永奨捕手(4年=横浜)は2打数無安打。「日本一を目指していたので、本当に悔しい」。チームは初回から4点を先行される苦しい展開で、中央学院大(関東5連盟第1)投手陣の力のある直球を打ち崩すことができず、日本一への道は途絶えた。試合後、主将は涙する仲間の肩を一人一人優しくたたいた。

 最後まで諦めなかった。4点を追う9回、2死満塁。西武育成4位で指名された川村啓真外野手(4年=日本文理)がバッターボックスに立つと、人一倍大きな声援を送った。「川村に託した思いもありましたし、4年生でやりきりたい思いもあった。4年生の意地を見せたかったですが、それができず申し訳ないです」。川村のバットが空を切ると、静かにうなずいた。

 大学野球生活は幕を閉じたが、野球人生はまだまだこれからだ。「納得いく結果がでなかったので、次のプロという舞台でこの悔しさを糧にしっかりやりたいです」。新たな舞台で輝きを放つ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請