男子ゴルフ・欧州ツアーが来年4月に日本初開催 賞金総額は約2億2500万円

スポーツ報知
記者会見に出席したISPS半田会長(中央)ら

 日本ゴルフツアー機構(JGTO)と、国際スポーツ振興協会(ISPS)は24日に都内で会見を開き、DPワールドツアー(22年より欧州ツアーから名称変更)の「ISPS ハンダ 欧州・日本どっちが勝つかトーナメント! 」を新たに開催すると発表した。JGTOが共催、ISPSがDPワールドツアーと3年契約で特別協賛し、欧州ツアーとしては日本初開催となる。会見に出席したISPS・半田晴久会長は「欧州ツアーといい試合にしよう、と話した。欧州からもいい選手に出てもらえるようにしたい。日本の選手にとっては大きなチャンスになるのでは」と語った。

 大会は来年4月21日から4日間、茨城・PGM石岡GCで行われる。賞金総額200万ドル(約2億2500万円)に設定され、DPワールドツアーから83人、日本ツアーからは41人、スポンサー推薦8人の計132人が出場。72ホールのストロークプレーで争われ、36ホール終了後の65位までが決勝ラウンドに進出する。DPワールド、日本の両ツアーの賞金ランク対象大会となり、優勝者には来季の両ツアーの残り試合と、その後2年間のツアー出場権が付与される。

 大会は新型コロナウイルス感染防止策を講じて開催。半田会長は「現状、人数の上限を設けて観客を入れて開催しようと思います」と見据えた。また、大会の模様は米国、英国、スペインなど世界各国で中継される見通し。

 国内男子ツアー最多94勝で、ISPSインターナショナルアンバサダーの尾崎将司も会見にリモートで出席。大会について「これはビッグサプライズだね! (推薦で)オレを選ばないで有望な若手を選んで」と冗談を混じえつつ喜びを表現。優勝者は欧州ツアーの切符も得るだけに「(日本人は)世界で松山英樹しかいない。それに続く選手が出てきてほしいね。日本の若手にもすごいチャンスがあるので、そういうチャンスを生かさないとダメ。“第二のヒデキ”を見たいね」と期待を込めた。

 欧州ツアーは1972年に発足し、5大陸をまたにかけて欧州を拠点に開催される。22年シーズンからDPワールドツアーに名称を変更し、今月25日から始まるヨハネスブルグオープン(南アフリカ)で開幕後、計47試合が世界27カ国で行われる。日本からはこれまでに谷原秀人、宮里優作らが参戦し、川村昌弘は21年シーズンもシード選手として戦った。21年シーズンはコリン・モリカワ(米国)がツアーの年間王者に輝いている。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請