Bリーグ、観客制限を解除へ 早ければ12月末から収容率100%開催

スポーツ報知
観客収容を100%に緩和するBリーグ

 バスケットボール男子、Bリーグの島田慎二チェアマンは24日、理事会後にオンラインで会見し、新型コロナウイルスの影響で規制していた観客制限を解除し、収容率100%で開催する方針を示した。早いクラブでは、12月末から100%になる見通し。観客が大声を出すこと、長時間の会話やクラブ応援歌の合唱などは引き続き、禁止となる。

 プロ野球やJリーグなど、日本のプロスポーツ界では先駆けて収容率100%の実施となり、島田チェアマンは「これだけの規模、全国単位で収容率100%にトライするのは初めてになると思う。感染対策のガイドラインもしっかり策定し、ファンの方のご協力もいただき、(ここまで)感染拡大もなかった自負がある。今まで通りやっていきたい」とした。

 また、B1リーグの1試合観客動員数は、現時点で1868人(昨季は1628人)。1位は琉球で、1試合平均3964人と発表された。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請