バルセロナOBシャビ監督、欧州CL初采配はスコアレスドロー 「いい内容だったが得点が奪えなかった」

スポーツ報知
試合途中にガビ(左)に指示を出すバルセロナのシャビ監督(ロイター)

◆欧州チャンピオンズリーグ ▽1次リーグE組第5戦 バルセロナ0―0ベンフィカ(23日、バルセロナ)

 E組2位で欧州CLでの初陣を迎えたバルセロナのシャビ新監督は、勝ち点2差の3位・ベンフィカと0―0で引き分けた。

 勝てば突破が決まる状況で優位に試合を進めたが、決定力不足が目立った。後半38分にはDFアラウホがボレーシュートでネットを揺らす場面もあったが、オフサイドの判定。「いい内容の試合をしたが、得点が足りなかった」と振り返った指揮官。今月上旬に就任する前からチームの課題でもあった決定力の課題をまたしても突きつけられる、歯がゆい初陣となった。

 現役時代は生え抜きの名MFとしてクラブを支えた41歳のOBが、指揮官として本拠地・カンプノウに帰ってきた。10月にクーマン前監督が解任され、アルサド(カタール)を率いていたシャビ監督は古巣への帰還を決断。20日の国内リーグ初陣は白星を挙げて再建の道を歩み始めた。

 12月8日の最終節に敵地で対戦する首位のバイエルンには、ホーム戦で0―1の完敗。引き分け以下では決勝トーナメント進出を逃す可能性もある。重圧のかかる一戦となるが、指揮官は「通過のためのラストチャンス。我々はバルセロナ、(バイエルン)ミュンヘンには勝ちにいく」と気を引き締めた。

 チャンピオンズリーグはWОWОWで独占放送&配信!無料トライアルなど詳しくはこちら

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請