【POG】百日草特別2着のホウオウプレミアの次走は年明けの京成杯を視野

スポーツ報知
ホウオウプレミア

 19年のセレクトセールにおいて2億7000万円の高額で落札された良血馬で、前走の百日草特別で2着だったホウオウプレミア(牡2歳、美浦・奥村武厩舎、父ロードカナロア)が、次走は年明けの京成杯(1月16日、中山)を視野に入れている。現在は福島・ノーザンファーム天栄に放牧に出されている。

 奥村武調教師は「(前走で)持っているエンジンはいいなと認識できたが、まだ体が追いついていない感じです。肉体が追いついてくれば、かなりいいところまでいけると思います」と、改めて素質を評価している。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請