J1札幌、来季加入の立正大MF田中宏武が故障から復帰 リーグデビューへ猛アピール

ボールを奪いに行く札幌MF田中宏武(右)
ボールを奪いに行く札幌MF田中宏武(右)

 J1北海道コンサドーレ札幌への来季加入が内定している立正大MF田中宏武(ひろむ、22)が、リーグ戦デビューを狙いに定めた。左太もも肉離れのため、3日に札幌入りするも別メニュー調整していたが、23日、宮の沢での全体練習に合流。「痛みもなく普通にやれたので大丈夫」。患部の不安を一掃した上で「札幌で結果を残していないので。少しでも成長できるように、メンバーに入るつもりでアピールしたい」と強調した。

 4~5月にルヴァン杯3試合に出場した。大学に戻ってからは「ここでうまくいっても札幌では通用しないと、高い基準を持ってやっていた」と強い志で取り組んできた。しかし終盤、ケガで戦線離脱したこともあり、立正大は関東1部で11位に終わり、来季の降格が決定。「1部の舞台を残せなかったのは残念」という悔しさは、残り2試合となったリーグ戦で初出場を遂げ、晴らしにいく。

 5試合白星のない状況に、田中宏は「勝利に自分が関われるよう、どん欲にやっていきたい」と口元を引き締めた。持ち味のスピードを生かした突破力で、負の流れは絶つ。(砂田秀人)

 

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請