【ジャパンC追い切り】シャフリヤール活気十分 川田将雅騎手「いい走りをするようになりました」

スポーツ報知
トーセンスカイ(右)と馬体を併せて坂路を駆け上がるシャフリヤール

◆ジャパンC・G1(11月28日、東京・芝2400メートル)

 ジャパンCに出走する今年のダービー馬・シャフリヤール(牡3歳、栗東・藤原英昭厩舎、父ディープインパクト)が11月24日、栗東・坂路で完全復調ムードをアピールした。

 毎日杯・G3以来のタッグとなる川田将雅騎手を背に併せ馬。活気十分にトーセンスカイ(5歳2勝クラス)を追走併入し、53秒8―12秒2をマークした。川田騎手は「(春より)バランスが良くなりまとまりが出て、いい走りをするようになりました」と好感触。藤原英調教師も「先週しっかりやっているんで整える程度。時計も指示通りで、動きも予定通り」とG1・2勝目に手応え十分だった。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請