石川遼が自主隔離違反について涙の謝罪会見 「時間がたつにつれて自分の口から直接、お詫び、説明することが必要なのではないか」

スポーツ報知
謝罪会見を開き、頭を下げた石川遼

◆男子プロゴルフツアー ▽カシオワールドオープン プロアマ日(24日、高知・Kochi黒潮CC=7335ヤード、パー72)

 石川遼(カシオ)が24日、所属先の主催大会が行われる高知県Kochi黒潮CCで記者会見し、米国から帰国後の自主隔離期間中にゴルフ場でラウンドしたり、複数人で会食した週刊誌で報道され、12月15日までのツアー及び、国内男子ツアーを主管する日本ゴルフツアー機構(JGTO)主催試合への1か月の出場停止処分を科された件について謝罪した。

 会見は45分にわたった。石川は上下黒のスーツに紺色のネクタイ姿で出席した。会見の冒頭でマイクの前で立ったまま、「このたび私、石川遼が海外から帰国後の自主隔離期間14日間において取った行動において、コロナ感染対策にご尽力を頂いている皆様を始め、いつも応援して下さっている皆様、そしてJGTOの皆様、選手会の皆様に多大なご迷惑をおかけしたことを、心よりお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした」と謝罪し、深々と頭を下げた。

 続けて「また、改めまして、いつも応援をして下さっているファンの皆様に自分のとった行動によって、この最後の4試合出場することができなくなったと。自分の取った行動は間違いであり、自分のミスというものを大変重く受け止めております。楽しみにして下さっていたファンの皆さん、応援して下さる皆さんに対して本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです」とファンへのお詫びを口にした。

 また、11月8日の週刊誌のデジタル配信で問題発覚後、謝罪会見がこの日になったことについては「時間がたつにつれて自分の口から直接、いつも応援して下さっている皆様、心配をして下さっている方に対して直接、お詫び、説明することが必要なのではないかという風に甘いかもしれませんが、そういった気持ちが強くなり直接、私の方からカシオ計算機の方にご相談をさせて頂き、この場を設けさせて頂きました」と経緯と心の内を説明した。

 そして、今回の自主隔離のルール違反となった部分について自らの口で説明した。「自分の大きな勘違いだった部分については、コーチと2人でアメリカでずっと行動をともにしていたので、その2人であれば帰国後も一緒に食事をしてもいい、と思い込んでいました」と明かした。

 さらに「自主隔離中にゴルフの練習をしていたことも、過去にそのような措置を受けたことが今年1月にありました。その時とのルールと混同してしまっていたのと、どこか自分の中で正直、このような形であればルールは守れているという思い込みがあり。細かいルールを確認せずに、今回このような行動を取ってしまったのは、大変自覚の欠ける行動だったと深く反省しております」と打ち明けた。

 ゴルフ場のクラブハウス内での夕食についても「本来は1人で取るべき所を個室でコーチと2人で取っていました。この時点でルールを逸脱する行動でしたが、14日間で2回ほど宿泊先のゴルフ場関係者の方も入り、会話をして接触をしたこともありました。2人での食事を取ることもいけないことであり、大変自覚に欠ける行動だったと思っています。今後またこのようなことがないように、しっかりとこの期間で反省をして、また自分を見つめ直して。これからも努力をして参りたいなと思っております。今後のことに関しては全く決まっていないので。本日、このような形で直接、自分の口からお伝えする機会を、時間を割いて頂き、本当に申し訳ございません。このようなことが今後ないように、より一層、自覚を持って行動して参りたいと思います。本当に申し訳ございませんでした」と会見始めの10分間は、石川本人の口から今回の自主隔離騒動についての経過と原因などが説明された。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請