鷹木信悟、1・8新日VSノア対抗戦で要望「刺激的な相手を用意してくれよな」

スポーツ報知
鷹木信悟

 新日本プロレスのIWGP世界ヘビー級王者・鷹木信悟が24日までに自身のツイッターを更新。来年1月8日に横浜アリーナで開催される新日「WRESTLE KINGDOM 16」で実現する新日とプロレスリング・ノアの合同興行に向け、気合を入れた。

 この日、「俺、横浜アリーナは初なんだよ」と同所での試合が初めてであることを明かした「ザ・ドラゴン」。「刺激的な相手を用意してくれよな」と主催者サイドに要望した。

 鷹木は20日に行われた発表会見の際、ビデオメッセージで今回の対抗戦について「純粋に面白そうだな。ただ、これをただの交流戦にするか、対抗戦にするかは、はっきり言ってノア次第。クオリティーは間違いなく新日本の方が上だろうね。そこはしっかり気合入れて、ノアさんの方はケンカ売ってきてほしい」とコメント。

 対戦したい選手について「俺は二人ぐらい、名前がパッと浮かんだけど、一人はちょっと絡んだこともある丸藤正道。もう一人は中嶋勝彦だよね。同年デビューで。シングルマッチで過去2回やって2回とも負けてる。俺としてはリベンジのチャンスを狙っているから」と希望していた。

 鷹木は新日最高峰のベルト保持者として、来年1月4日の東京ドーム大会のメインイベントで4度目の防衛をかけ、オカダ・カズチカの挑戦を受ける。鷹木―オカダ戦の勝者が1・5東京ドームでウィル・オスプレイの挑戦を受ける。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請