大谷翔平「オールMLBチーム」投打で史上初の選出 DHはファースト、先発投手部門はセカンドチーム

スポーツ報知
大谷翔平(ロイター)

 エンゼルスの大谷翔平投手が23日(日本時間24日)からMLBネットワーク内で放送された「オールMLBチーム」ファーストチームのDH部門で選出。先発投手部門ではセカンドチームに選出された。投打の部門で選出は、3年目の同賞で史上初。

 二刀流を全うした大谷は今季、158試合に出場し打率2割5分7厘、46本塁打、100打点、26盗塁の好成績を残し、シルバースラッガー賞のDH部門でも選出。一方、投手でも9勝2敗、防御率3・18、130回1/3で156三振を奪ったことで5人が選出される先発投手部門のセカンドチームに食い込んだ。

 同賞は2019年にスタート。各ポジション1人に投手は先発5人、リリーフ2人が選出される。日本人選手では昨年、カブスでプレーしていたダルビッシュ有投手がファーストチームの先発投手に、ツインズの前田健太投手がセカンドチームに名を連ねた。

 ちなみに大谷は日本ハム時代の2016年に、パ・リーグのベストナインで投手とDHで選出されている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請