初出場の20歳・戸上隼輔が初戦突破「今までにない雰囲気で楽しかった」…世界卓球開幕

スポーツ報知
戸上隼輔

◆卓球 世界選手権個人戦第1日(23日・米ヒューストン)

 開幕し、男子シングルス1回戦で世界ランク100位の戸上隼輔(明大)が初戦を突破した。同142位のポランスキー(チェコ)を4―1で下した。

 戸上は第1ゲームを11―4で先取。第2ゲームも0―5から6連続得点するなど爆発力を見せ、逆転で奪った。第3ゲームは8―1と大きくリードしながら11―13と引っ繰り返されたが、第3、4ゲームを連取し、ジュニア時代も含めて2勝2敗の難敵・ポランスキーを下した。

 世界選手権初出場の20歳はベンチに戻ると「接戦になると思っていたので、接戦をものにできてとてもうれしく思います」と笑顔を浮かべた。緊張をほぐすために出足から声を出すことを心掛けたといい、「緊張感もあって、今までにはない雰囲気で戦ってる感じだったので、すごい楽しかったです。目標はメダルを取ること。苦しい試合が続くと思うけど、一戦一戦頑張ります」と意気込んだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請