【神宮大会】 8回2死までパーフェクトに封じられた九産大・大久保監督「打力を向上させないと…」

3回から2番手で登板した国学院大の武内夏暉(カメラ・泉 貫太)
3回から2番手で登板した国学院大の武内夏暉(カメラ・泉 貫太)

◆第52回明治神宮野球大会第4日 大学の部準々決勝▽国学院大4―0九産大(23日・神宮)

 九産大は、公式戦初先発の国学院大・武内夏暉投手(2年=八幡南)の前に打線が沈黙。8回2死まで1人の走者を出すこともできなかった。24人目の打者・福森秀太遊撃手(4年=北九州)が、外角の変化球に食らいついて左前に落とし、ようやく初安打。完全試合は免れたが、最後まで得点を挙げられず、0―4で敗れた。

 大久保哲也監督は「武内君はコントロールが良く、思った以上に手元での切れ、伸びがあったようで、完璧な投球をされた。感じたのは打力の違い。全国で勝つには、打力を向上させないと厳しい」と語った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×