鈴木保奈美、離婚後初の公の場で1億円ジュエリー披露 「私にとってのLOVEは…」

スポーツ報知
離婚後初めて公の場に登場した鈴木保奈美

 女優の鈴木保奈美が23日、東京・六本木ヒルズで「カルティエ スペシャルクリスマスツリー」の点灯式を行った。

 7月に「とんねるず」の石橋貴明との離婚を発表してから初の公の場。総額1億円のカルティエジュエリーを身につけ、右肩が開いたワンショルダーの紫色のイブニングドレスで登場した鈴木は「すてきなイベントのお手伝いをさせていただいて光栄です」と笑顔。鈴木はギフトボックスがかたどられた高さ10メートルのツリーを点灯し「(日が落ちて)暗く、寒い季節になりますが、心がホッと温かくなりますね」と話した。

 理想のクリスマスについて、鈴木は「12月25日だけがクリスマスだけではないと思っていて、ハロウィーンが終わったころから飾りつけをしたり、カードを準備しながらお世話になった人へお返しをしていく。1年のしめくくりを楽しめるステキなチャンスだと思っています」。来年の抱負について「春に25年ぶりに舞台に出演することになり緊張や不安、期待でいっぱい。私にとっては大きなチャレンジなので体力もつけていかないとと思っています」と語った。

 今年のカルティエのテーマ「LOVE IS ALL」にちなみ「自身にとってのLOVEとは?」と尋ねられると「私にとっての『LOVE』は表現すること。お芝居や文章を書く場所をいただいているので、少しでも自分の好きなことを表現して、なにか少しでも見て頂く方のお役に立てたら」と話した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請