【浦和記念】タービランス2着で地元の意地 笹川翼騎手「悔いはない」

スポーツ報知
1着のメイショウカズサ

◆第42回浦和記念・交流G2(11月23日、浦和・ダート2000メートル=重)

 JRA5頭、南関東3頭、笠松2頭の古馬10頭によって争われ、川田将雅騎手が手綱を執った1番人気のメイショウカズサ(牡4歳、栗東・安達昭夫厩舎、父カジノドライヴ)が悠然と逃げ切り、前走の白山大賞典・G3に続く重賞3勝目を挙げた。勝ち時計は2分7秒3。

 浦和所属で3番人気のタービランス(笹川翼騎手)が3番人気で2馬身差の2着に入り、地元の意地を見せた。さらに半馬身差の3着には5番人気のヴェルテックス(横山武史騎手)が続いた。

 笹川翼騎手(タービランス=2着)「3コーナーで離されるのはいつものこと。集中して走れていて、状態は高いレベルで仕上げてくれていて悔いはない」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請