【浦和記念】メイショウカズサ逃げ切って重賞3勝目 川田将雅騎手「何とか走ってくれた」

スポーツ報知
2馬身差で逃げ切ったメイショウカズサ

◆第42回浦和記念・交流G2(11月23日、浦和・ダート2000メートル=重)

 JRA5頭、南関東3頭、笠松2頭の古馬10頭によって争われ、川田将雅騎手が手綱を執った1番人気のメイショウカズサ(牡4歳、栗東・安達昭夫厩舎、父カジノドライヴ)が悠然と逃げ切り、前走の白山大賞典・G3に続く重賞3勝目を挙げた。勝ち時計は2分7秒3。

 地元・浦和のタービランス(笹川翼騎手)が3番人気で2馬身差の2着。さらに半馬身差の3着には5番人気のヴェルテックス(横山武史騎手)が続いた。

 川田将雅騎手「きょうは機嫌が悪くてゲートも入ってくれず、中の態勢も悪く、出も良くありませんでした。走り出したら何とか走ってくれましたが、道中はやる気にならず、気持ちを切らさないように集中力を維持しながら、走らせました。能力は高いので普通に競馬をすれば、いい結果が出ると思っていましたが…。何とか勝ってくれて良かったです」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×