平野美宇、世界卓球であと1本の壁を越える 東京五輪で敗れた中国に2種目で雪辱を期す

スポーツ報知
平野はシングルス、石川とのダブルスでメダルを狙う

 卓球の世界選手権個人戦は23日(日本時間24日)に米ヒューストンで開幕する。男女で金1を含む4つのメダルを獲得した東京五輪代表を中心に、日本勢の活躍が期待される今大会。女子の石川佳純(28)=全農=はシングルス、平野美宇(21)=日本生命=と組む女子ダブルスの2種目で初のメダル獲得を目指す。伊藤美誠(21)=スターツ=は2種目での世界一に照準を合わせた(取材・構成=林 直史)

 平野が決定力を磨き、打倒・中国に挑む。五輪の団体決勝は石川とのダブルスで中国ペアに1ゲームを先取するなど奮闘したが、攻めきれずに逆転負け。「あと一歩のところまでいったけど、あと1本を取らせてくれなかった。シングルスもダブルスも焦ってしまって、中国選手の壁をすごく実感した」と振り返る。

 石川とのダブルスは五輪後も定期的に練習を重ねてきた。「最後決めきるところを練習してきたので、中国選手に少しでも近付いていると実感できる試合をしたい」。4年前に48年ぶりに表彰台に立ったシングルスとともに、雪辱を狙う。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請