【神宮大会】佛教大が中央学院大に8回裏降雨コールド負け 森本翔大主将「やり切れなかったのが悔しい」

降雨コールドで敗れた佛教大ナイン
降雨コールドで敗れた佛教大ナイン

◆第52回明治神宮野球大会第3日 ▽大学の部準々決勝 中央学院大7―1佛教大=8回裏2死二塁降雨コールドゲーム=(22日・神宮)

 佛教大(関西5連盟第1)が中央学院大(関東5連盟第1)に敗れ、過去最高に並ぶベスト4進出を逃した。8回裏2死二塁で31分間中断したが、そのまま降雨コールドゲームとなった。主将の森本翔大三塁手(4年)は「やり切れなかったのが悔しい」と肩を落とした。

 初回に先発の木下隆也投手(4年)が嘉数尊右翼手(4年)に左越え3ランを浴び、2回にも4安打で4失点。1回2/3で降板した。社会人野球に進む予定の左腕は「粘れなかったのが僕の責任。相手の打者陣が数段上。スイングが良くて、打者への対応力が不足していた。勝負できる球がなかったのが抑えられなかった要因。恥ずかしくて悔しい経験を忘れないように」と今後の糧にすることを誓った。

 打線も古田島成龍投手(4年)に散発2安打に抑えられ、明治神宮大会では関東勢に4戦全敗となった。「全ての球が一級品。僕たちの力では攻略できなかった。まだまだ力不足」と森本は完敗を認めた。

 龍谷大(関西5連盟第2)は1回戦で神奈川大(関東5連盟第2)に敗れており、関西勢2校は敗退した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請