【楽天】安楽智大が2300万増の4000万円でサイン「出来過ぎな部分もたくさんある」

契約更改交渉を終え、オンラインで取材を受ける安楽(球団提供)
契約更改交渉を終え、オンラインで取材を受ける安楽(球団提供)

 楽天・安楽智大投手が22日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、2300万増の4000万円(金額は推定)でサインした。

 高卒7年目の今季は救援として自己最多の58試合に登板。松井の離脱後には「日替わり守護神」の一人としても働き、プロ初セーブも記録した。3勝3敗2セーブ、防御率2・08でチームに大きく貢献する1年となった。「出来過ぎな部分もたくさんあると思います」と振り返った上で「この成績に満足せず、目標としては60試合、防御率1点台に届かなかったので、最後は自分の詰めの甘さが出たかなと思うので来年はやり返してやろうという気持ちで頑張っていきたい」と力強く語った。

 来季へ向けて「圧倒的な投球は出来ていないですし、無駄な四球も目立った。松井さんや宋選手のように圧倒的な投球が出来るように頑張っていきたい」と決意を新たにした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請