ミラノが連敗脱出 石川祐希18得点で「流れに乗っていきたい」…バレーボール・セリエA

スポーツ報知
ベローナ戦で攻撃を仕掛ける石川(右)(セリエA提供)

◇バレーボール・セリエA第7節 ミラノ 3(24―26、25―22、25―20、25―18)1 ベローナ

日本代表の石川祐希が所属するミラノは21日、セリエAの第7節でベローナと対戦。3―1で勝利し、連敗を2で止めた。第1セットは競り負けたが、第2セット以降はホームで勢いを取り戻し、石川自身も18得点を挙げて連敗脱出に貢献した。

 石川は「きょうは常にリードしている展開を保ち続けられていたので勝てた。個人的には、スパイクもサーブもブロックも悪くはなかったし、少しレセプションで崩されたところがあったので、そこを修正していきたい。次の試合も勝って流れに乗っていけるように戦っていきたい」と語った。ミラノは次節(日本時間24日)にホームでチステルナと対戦する。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請