終わりよければすべてヨシ 3位表彰台に滑り込んだ吉岡希「うれしいです。マジで」…全日本ジュニア男子フリーを終えて一問一答

スポーツ報知
男子フリーで演技する吉岡希(11月21日撮影=カメラ・矢口 亨)

◇全日本ジュニア選手権男子フリー(11月21日、名古屋市日本ガイシアリーナ)

 ショートプログラム(SP)2位から出た吉岡希(西宮甲英高)は、冒頭で4回転トウループ―3回転トウループのコンビネーションを決め、フリーは123・25点をマークし、合計191・80点の3位で表彰台に上った。ミスもあった中での3位だったが「うれしいです。マジで」と満面の笑みを見せた。SP7位の三浦佳生(目黒日大高)が4回転ジャンプを2本成功させて165・28点をあげ、合計229・28点で初優勝。SP1位の壷井達也(神戸大)が146・55点の合計227・60点で2位に続いた。フリー後の吉岡の一問一答は以下の通り。

 ―3位表彰台。今の気持ちは。

「練習を頑張っていたんで、すごくうれしいです」

 ―きょうの演技を振り返って。

 「演技はフリー良くなくて、スピンも途中で止めたり、えっと、ダブルジャンプ何本かやってやばいなと焦っていながらやっていました」

 ―冒頭の4回転トウループは

 「あれも正直、自分の中ではそんな良くなくて、4回転降りた時にちょっと危なくて、気合いで足をつきました」

 ―うまくいった理由は。

 「うーん、なんていったらいいんですかね、まあ、タイミングです。はい」

 ―4回転は1本の予定だった。

 「いや、2本なんですけど、2本目が途中で開いてちゃって2回転になってしまいました。うつも、あんま2本目、こっち来てから良くなくて、でも力抜いてしめることだけ考えていたんですけど、跳ぶ時にやっぱり、先に手がいっちゃって、途中で開いちゃったのでとても悔しいです」

 ―全日本ジュニアの収穫と課題は。

 「課題はそうですね、フリーも後半の体力はあったので、途中のスピンを途中で止めないことですかね」

 ―次の全日本に向けて。

 「全日本選手権ではサルコーを入れようかなと思っているので、しっかりサルコー入れても体力持つように頑張りたいなと思います」

 ―表彰台にのれたことは率直に。

 「いやー、はい。うれしいです。マジで。ハハハ」

 ―小さい頃から注目されていた。全日本ジュニアの表彰台はどんな感じか。

 「あー、そうですね、やっぱ、去年、全然けがで良くなくて、え、今年もそこまでいい演技が出来ていたわけじゃないですけど、でも、やっぱフリーが勝負だと思って、なので西日本終わってからはフリーの曲だけをかけていたので、やっぱ、そこは今日の演技で後半ちゃんと動けていたので良かったなと思います」

 ―GPシリーズでは鍵山とか佐藤が活躍している。

 「いや、本当にとても勉強しています。なんていうのかな、うーん、やっぱ、去年くらいまでは本当にGPシリーズはジュニアも含めて演技を全然見ていなかったんですけど、今年はほとんど全選手を見ていて、すごく勉強というかうまいなあと思いながら見ていました。優真君と駿が、僕は4回転3本入れただけで体力がなくて、後半ダメになるんですけど、でも優真くんと駿君は最後までできているので、すごいと思います」

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請