佐藤駿、GP初2位 優勝・同学年の鍵山優真に「追いつくために、もっと頑張る」

スポーツ報知
鍵山と佐藤の比較表

◆フィギュアスケート GPシリーズ第5戦 フランス杯 最終日(20日、フランス・グルノーブル) 

 フリーが行われ、男子はショートプログラム(SP)首位の鍵山優真(18)=オリエンタルバイオ・星槎=が、185・77点、合計286・41点で優勝。北京五輪シーズンのGP2連勝で、初のGPファイナル(12月・大阪)進出を決めた。SP4位の佐藤駿(17)=フジ・コーポレーション=は177・17点、合計は自己ベストの264・99点で2位。日本勢がワンツーフィニッシュとなった。

 佐藤が自己ベストを更新し、同学年の鍵山に続く2位に食い込んだ。GPシリーズで初めて表彰台に上がり「すごくうれしい。でも優真に追いつくためにも、もっと頑張って練習していこうと思う」と上昇を誓った。

 「武器」と話す4回転ジャンプで攻めた。冒頭のルッツで出来栄え点(GOE)3.78点を引き出し、フリップも着氷。トウループ2本は着氷が乱れたが「初めて試合でルッツとフリップを降りることはできた」と収穫を挙げた。次戦は全日本選手権。「ショート、フリー、両方ノーミスができるように練習を頑張っていきたい」。北京五輪代表争いに割って入る。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請