島田麻央「まさか」荒川静香さん以来27年ぶり中1V

スポーツ報知
女子フリーで演技する島田麻央

◆フィギュアスケート 全日本ジュニア選手権最終日(21日、愛知・日本ガイシアリーナ)

 フィギュアスケートの全日本ジュニア選手権は21日、名古屋市の日本ガイシアリーナで最終日の競技が行われ、女子フリーはショートプログラム(SP)4位で13歳の島田麻央(木下アカデミー)が冒頭に4回転トウループを成功させるなど、ノーミスの演技を見せ、126・75点をマーク。合計188・51点で初優勝を飾った。中学1年生が同大会を制するのは、2006年トリノ五輪金メダルの荒川静香が1994年に制して以来の快挙となった。

 10月に13歳以下の全日本ノービス選手権を連覇。同大会に続いて4回転ジャンプを成功させた。「まさか優勝できると思っていなかった。荒川さんというすごい選手の次に優勝できたのがすごいうれしいです」と満面の笑みを浮かべた。来季からジュニアのカテゴリーに挑戦することになるが「4回転2本に挑戦したいです」と大技を更に磨き上げる決意を示した。(遠藤 洋之)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請