ミキハウスの4番・田中秀政 好調で臨む都市対抗「チャンスで一本、一球で仕留められるように」

ミキハウス硬式野球部の田中秀政
ミキハウス硬式野球部の田中秀政

 子供服などを扱うミキハウスは、硬式野球や柔道、空手、卓球など様々な種目のアスリート支援に力を入れている。創業50周年の節目に、硬式野球部が11月28日開幕の都市対抗野球大会(東京ドーム)に16年ぶりに出場することが決定。12月1日に東京ガスとの初戦に臨む。

 今季から4番を務める3年目の田中秀政内野手は、「今年は『勝てる! 勝てる!』とチームの雰囲気があって、選手一人ひとりがやるべきことを考えてやっていたのが結果につながった」と近畿地区予選の戦いを振り返った。

 過去2年は打撃が振るわなかったが、今年は天理大時代の監督から授かった「毎日やることに意味がある」という言葉を思い出して自主練習に時間を割いた。予選5試合で15打数6安打4打点、打率4割をマーク。得点圏打率は7割1分4厘で「面白いように打てて、自分の打点で勝てる試合が続いた」と自身の成長にうなずいた。

 社会人で初の東京ドームの試合は「早く行きたい。電光掲示板にどんな風に顔が映るのか楽しみ」と余裕も持ちつつ期待で胸を膨らませる。「チャンスで一本、一球で仕留められるように」。チームの顔になった男が、大舞台でもバットで引っ張る。

 ◆田中 秀政(たなか・ひでまさ)1996年10月4日、滋賀・東近江市生まれ。25歳。明徳義塾高3年夏に甲子園出場し、代打本塁打。天理大に進み、3、4年時に4番として全日本大学選手権出場。大学通算6本塁打。19年ミキハウス入社。176センチ、89キロ。右投右打。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請