村元哉中、高橋大輔が190・16点2位 2戦連続日本歴代最高得点

スポーツ報知
村元哉中、高橋大輔組

◆フィギュアスケート▽ワルシャワ杯 最終日(20日、ポーランド)

 アイスダンスのフリーダンス(FD)が行われ、リズムダンス(RD)2位の村元哉中、高橋大輔(関大KFSC)が114・29点、合計190・16点でともに前週GPシリーズ第4戦NHK杯で記録した日本歴代最高得点を更新した。合計点は10点以上伸ばし、国際スケート連盟(ISU)公認大会で初の表彰台に上がった。

 RDの「ソーラン節&琴」から一転、2季目となるクラシックバレエ「ラ・バヤデール」で観客を魅了した2人は、キス・アンド・クライで得点を確認すると、拍手をして喜んだ。

 今後は拠点のフロリダに戻り、北京五輪代表選考会を兼ねた12月の全日本選手権(23~26日、さいたまスーパーアリーナ)に向けて滑り込む予定。

 NHK杯後には「修正しなきゃいけないところを、またマリナ(コーチ)と一緒に練習を積んで、全日本選手権に戻ってくる。ワルシャワでどういう評価をもらえるのかっていうのを全部トータルで見て、全日本までに何をもっと練習しなきゃいけないかがもっとクリアになると思う」と話していた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請