樋口新葉が3位 「やったー!」トリプルアクセル着氷 全日本選手権に弾み

スポーツ報知
樋口新葉(ロイター)

◆フィギュアスケート▽GPシリーズ第5戦フランス杯 最終日(20日、グルノーブル)

 女子フリーでショートプログラム(SP)6位の樋口新葉(明大)が自己ベストの141・04点をマークし、合計204・91点で3位に順位を上げた。演技後は両手でガッツポーズ。「やったー! っていう気持ちでした」と笑顔を見せた。

 前日のSPで1回転半になったトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は4分の1回転不足となったが着氷。ルッツ―トウループの連続3回転など、すべてのジャンプを降りた。「大きなミスなく終えられたことが一番うれしくて、昨日のシングルアクセルもちゃんとトリプルアクセルに変えて演技をすることができたので、ホッとしています」と振り返った。

 後半の3回転ルッツからの3連続ジャンプも、4分の1回転不足と判定された。「まだまだ改善する部分があるとわかった瞬間に、すごく良かったなというふうに感じた。全日本選手権に向けてすごくいい試合になった」と話し「もっと完成度を高くしたい。五輪に行くために、全日本選手権で完璧な演技をして145点は出したいと思うので、それに向けて頑張りたい」。来年2月の北京五輪代表選考会を兼ねた12月の全日本選手権で、より濃厚な「ライオンキング」を演じ上げる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請