【日本ハム】新庄剛志監督「僕がサードコーチャーでサインを出すかも」伝説の再現に意欲

スポーツ報知
ジェスチャーを交えて上田コーチ(右)に熱く語る新庄監督(カメラ・佐々木 清勝)

 日本ハムのビッグボス・新庄剛志監督(49)が20日、三塁コーチャーとして伝説の再現に意欲を示した。千葉・鎌ケ谷の2軍施設で若手を中心とした秋季練習を初視察。その後、初のコーチ会議に参加したビッグボスは、また新たな仰天プランを披露した。

 シーズン中の1、2軍コーチや試合での一、三塁コーチャーの入れ替えなどを積極的に行うとした後、ビッグボスは「僕がサードコーチャーでサインを出すかもしれない。三塁ランナーが来た時に『次、走れ ホームスチールいけよ』とアドバイスは出すかも」。04年の球宴で成功させた単独ホームスチールを、今度は選手たちが“ビッグボス三塁コーチャー”のアシストで再現するかもしれない。

 ただ、話題作りではなく、そこには明確な狙いもある。現役時代から定位置の中堅から野球を観察し、野球観を磨いてきた。だからこそ「ベンチからの角度だと分からないから、センターの方に、センターの方に行きたいんですよ。サードコーチャーから戻って(選手への)アドバイスを変えるとかね」と説明。さらに「サイン覚えられるかな。キャンプ中もトイレの前に貼って書いておきますよ。バントとかスクイズとかどこタッチとか」と、入念に準備をしていくつもりだ。

 既存の枠組みも取っ払う。コーチにはそれぞれ担当部門の肩書がついているが「どこどこで何をするという決まり事はない。だから(コーチャーも)日替わりというか、いいジャッジをした時はそのままだし、ちょっと小心者になっているなと思ったら変わる。で、気分転換が必要だなと思ったらオレがいく」。コーチ会議で伝えた「僕たちでプロ野球を変えていこう」という言葉を、ビッグボスが先頭に立って体現していく。(後藤 亮太)

 ◆三塁コーチ 一塁コーチとともに、公認野球規則5.03には「攻撃側のチームは2名のベースコーチを一塁および三塁のコーチスボックスにつかせなければならない」とある。プロ野球創設当初はコーチが少なかったこともあり監督がつくケースが多く、巨人・水原茂監督の三塁コーチ姿は有名だった。その後はロッテ・金田正一監督、広島・古葉竹識監督、オリックス・仰木彬監督、西武・伊原春樹監督らが入ったが、4監督はそろって優勝経験がある。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請