続・今年も熱い(栗東)

スポーツ報知

 こんにちは、山本です。今日は先週の日曜日からの「連勤」となる土曜日の阪神競馬場からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、昨日の会社内勤。たまっていた仕事は多かったんですが(おかげで当ブログの更新が遅くなって、スイマセン…)、その日の仕事は早めに終わり、午後7時半前には会社を出たんです。で、午後8時前には大阪駅を出発する電車に乗り、いつもなら自宅を通り越して、三宮(神戸の繁華街)へ向かうことも多いんですが、この日は仕事をするために帰宅。晩飯をスーパーで買い、おとなしく帰宅→パッチパチという、実に柄にもない行動でおとなしくしていたんです。

 その数時間後だったかな。スマホのトレンドワードに「JR神戸線」の文字。ワタクシが愛用している路線です。何のことかと思っていると、機械か何かのトラブルで、電車が止まったままで動けず、数十分どころか終電が近い時間になりかけているという。電車が止まっている動画も回っていたんだけど、いや、これはワタクシも三宮に出ていれば、電車の中で箱詰め状態ですよ、恐らく。ホント、助かりましたわ。いや~、珍しく仕事をしようかなんて思ってみるモノです。

 ということで、難を逃れたけど、馬券は負けた切ない記憶だけが残っている競馬場から、そろそろ本題へ。明日の競馬を中心に見ていきましょう。

 明日はねぇ、実は最も東京に注目しているんですよ。9Rの赤松賞には、いいメンバーがそろいましたね。実は昨年、非常に痛い目に遭ったレースです。栗東で、しかも毎週のように話を聞く友道厩舎のシャドウエリス、音無厩舎のレアシャンパーニュから結構いい話を聞き、なおかつ、当時は今や秋華賞馬となったアカイトリノムスメが正直、カモだと思っていた。若気の至りでございます。懐かしいですね、1年前ですが。

 ということで、今年も粒ぞろいのメンバーがそろいましたね。矢作厩舎の【パーソナルハイ(牝、父ディープインパクト)】は米G1馬を母に持つ血統馬で、3戦目の前走で初勝利を挙げました。夏前には苦しがるような面を出していたそうですが、今はその点が解消されているとのこと。「調整は順調です。カリカリしているかなと思ったけど、リラックスして走っていました」と安藤助手は話します。軌道に乗っての昇級戦で、勢いを見せつけてほしいところです。

 そうそう、矢作厩舎では来週の白菊賞で【ルージュラテール(牝、父ハーツクライ)】も復帰します。鞍上は坂井J。「今週は3頭併せで、いい動きををしていたと思います」と安藤助手。こちらは巻き返しを期す一戦で注目しているんですよね。

 話を赤松賞に戻しましょう。何度か書いていますが、高野調教師って、本来、2歳に関するジャッジは非常に慎重なんですが、ここの【ナミュール(牝、父ハービンジャー)】に関しては、本当に評価が高いんですよね。「いい馬ですよ。センスのありそうな体形で、トモをうまく使えそう。いい成長をしていますし、ここでも面白いと思うんですけどね」。ハービンジャー産駒&母系にダイワメジャーが入っているんですが、全く重苦しさがないとのこと。連勝で2歳女王決定戦に名乗りを挙げてほしいところではあります。

 少しだけPOG情報。宮本厩舎は【フェーングロッテン(牡、父ブラックタイド)】と【ボルドグフーシュ(牡、スクリーンヒーロー)】の2頭が勝ち上がっているんですが、どちらもエリカ賞に向かうとのことですね。本当は使い分けたいところでしょうけど、馬主さんも違うし、これは仕方ありません。ともに強烈な末脚が武器なだけに、内回りへの対応がカギになるでしょうね。

 さて、本日の競馬場。5Rの新馬を勝ったのは【カイハオン(牡、父イスラボニータ)】でした。まぁ、レースの模様は当社HPの記事を見てもらうとして、松下厩舎って、実は先週の【グッドフェイス(牡、父キズナ)】が今年の2歳勢、初勝利だったんですよ。しかも、厩舎自体もレシステンシアのセントウルS以来の勝利。それが一つ、勝ったことで、今週も勝つんですからね。「流れって大事ですよね」と笑いつつ、松下調教師はホッとした表情を浮かべていました。

 話を明日の競馬に戻しましょう。阪神4Rの新馬には兄にグレナディアガーズを持つ良血馬、【アストロフィライト(牡、父ディープインパクト、母ウェイヴェルアベニュー)】が登場します。「いい意味で前向きさがあるので、新馬向きだと思います。初戦から動ける態勢にあると思います」と福永助手。兄はメインのマイルCSに出走予定ですし、いい追い風を吹かせたいところでしょう。

 5Rは友道厩舎の【セレシオン(牡、父ハーツクライ、母クルソラ)】です。この血統、どうしても気性面が気になるところなんですが、「現時点では(悪さを)見せていませんね。あとは競馬場でどうかですが」と友道調教師。動きに関しては「水準以上」と口にします。切れというよりは長くいい脚を使えるタイプのようですが、まずはいい仕上がりで出せそうな雰囲気です。

 では、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

阪神7R・4トーホウラデン(2走前の3着時に非常に悔しがっていた岩田康Jとのコンビ再結成。「面白いと思う」と鞍上も意欲を見せている)

 続いては「馬券王への道 延長戦」をどうぞ。

阪神3R・8セレステイブランコ(前走でも伸びていた。距離延長は追い風)

阪神4R・15ミヤジネズコ(調教に騎乗した和田竜Jが手応えをつかむ)

福島10R・4マイネルヘルト(叩き良化型。引き続き、小回りも魅力)

東京12R・15ニシノアジャスト(この条件では春に中身の濃い勝ち方)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請