【ロッテ】2年目・佐藤都志也が来季の開幕マスクを誓う

スポーツ報知
佐藤都志也

 ロッテの佐藤都志也捕手が20日、ZOZOマリンでの秋季練習に参加し、来季のスタメンマスクを目標に掲げた。

 2年目の今季は62試合に出場し6本塁打、18打点、打率・205。勝負強いバッティングでチームを勝利へと導いてきたが、62試合中スタメンマスクは22試合。昨季はスタメンマスクが4試合にとどまっており「結果去年より多くはなったけど、その中で見えた課題とポイントって言うのが出てみて分かったところがあるので。来年はそれを踏まえた中で、自分に出来ることをやっていかなきゃなと思った」と振り返った。

 チームは現在、今季途中に中日からトレードで加入した加藤が正捕手の座を担っている。来季大卒3年目となる佐藤都は「自分としても来年が勝負の年だと思ってるし、もうルーキーじゃないので。あとはどれだけ自分が出来るかっていうのをやっていかないといけない時期。なんとかマスクかぶれるように、開幕マスクという所を目標にやっていければいいのかな」と前を見据えた。「打てる捕手」を目指す佐藤都が正捕手争いを勝ち抜き、来季のスタメンマスクへアピールを続ける。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請