【神宮大会】龍谷大は神奈川大に惜敗 18年ぶり勝利ならず

先発し5回1失点の好投を見せた龍谷大の2年生右腕・伊藤岳斗
先発し5回1失点の好投を見せた龍谷大の2年生右腕・伊藤岳斗

◆第52回明治神宮野球大会第1日 ▽大学の部1回戦 神奈川大2―1龍谷大(20日・神宮)

 11年ぶり4度目出場の龍谷大(関西5連盟第2)が、神奈川大(関東5連盟第2)に惜敗し、18年ぶりの勝利はならなかった。元ヤクルト内野手の本郷宏樹監督は、かつての本拠地に“がい旋”したが、2010年2回戦で敗れた相手に再び屈した。

 龍谷大は、今秋の関西六大学リーグで最優秀選手賞に輝いた伊藤岳斗(2年)が先発。4回に渡辺宏祐遊撃手(4年)の中前適時打で先制点を許した。6回に捕逸で追いついたものの、その裏にこの回から登板した中沢嶺(2年)が、渡辺宏に勝ち越しスクイズを許した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請