仙台大、ソフトバンク育成2位の川村友斗が「打線の顔」・・・明治神宮大会21日初戦

チャンスでの一打を狙う仙台大・川村
チャンスでの一打を狙う仙台大・川村
リードオフマン役を担う仙台大・益子
リードオフマン役を担う仙台大・益子

 20日に開幕した明治神宮大会に初出場する仙台大で、ソフトバンク育成2位の川村友斗外野手(4年)=北海出=がチャンスでの一打に意欲を燃やしている。優勝した秋季リーグ戦で少なかった打点を意識し、大学野球最後の大会で有終の美を飾る。切り込み隊長役の益子侑也内野手(4年)=霞ケ浦出=は、身体能力の高さを生かして躍動する。

***

 勝っても負けても大学生活最後の大会を前に、仙台大・川村は気合十分にこう話した。「ここまで野球をやれているのは(大会に出る)自分たちだけ。チームメートもいい仲間だし、一つでも多く試合をやりたい」。もし出場を逃していたらすでに引退していたこの時期まで、仲間とともにプレーできることを力に変える。

 秋季リーグ戦と代表決定戦の計12試合で4番を務めたこともあったが、わずか2打点に終わった。「チャンスで回ってきたことが多かったので、打っていれば楽になった試合もあった。(神宮では)そういう場面で打ちたい」。母校の北海・平川敦監督に神宮大会出場を報告した際、出張を利用してリーグ戦を見に来ていた際に気づいた点を助言されたという。「体重移動のことを話してもらった。そこは自分も気になっていたところだった」。軸足の左足に残りすぎていた点を修正し、「良くなっている感覚はある」と復調気配だ。

 21日の1回戦で当たる国学院大は今年、東都リーグを春秋連覇したチームだ。「今までやってきたなかで一番強いと感じている」と警戒した川村だが、「チャンスで打てれば結果にもつながってくるはず」と意欲。森本吉謙監督は「いろんな形で点を取る練習はしている」とプレッシャーをかけないようにしながらも、「打線の顔といえば、川村です」と期待を寄せた。強敵相手にも臆することなく、4年間のすべてをぶつける。(有吉 広紀)

***

 熱い気持ちでグラウンドを駆け回る。秋季リーグ戦では主に2番、代表決定戦は1番に座りチームを引っ張った仙台大・益子は「技術で打つより気持ちで打つ。気持ちが入ることでコンディションもモチベーションも上がって、いい状態に持っていける」と力強く語った。リードオフマンとして、神宮でもプレーでチームを勢いづかせる。

 身長164センチ、体重71キロとやや小柄だが、身体能力は抜群だ。中学校までは野球と並行して器械体操をやっており、小学時に全国大会で7位入賞の実績もあり「今でも何度か練習すればバク転はできます」。持ち味の俊足巧打に、秋季リーグ戦で本塁打を放ったパワーを併せ持つ万能型だ。森本監督は「つなぐこともきっちりできるし、長打もある。いろいろ期待できる選手」と話し、益子を上位に置くことでさまざまな作戦を立てられるのだ。

 卒業後は、BCリーグから独立して来季から始まる日本海オセアンリーグの富山サンダーバーズでプレーを続ける。「任された場所で最大限の力を発揮できるように準備していきたい」と意気込みを語った益子。全国舞台でも気持ちのこもったプレーで仲間たちを鼓舞し、勝利へ突き進む。

チャンスでの一打を狙う仙台大・川村
リードオフマン役を担う仙台大・益子
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請