【大学野球】中京大・漢人友也が慶大の清原ジュニア斬り「カーブでうまく崩すことができた」

緩急を生かした投球を披露した中京大・漢人
緩急を生かした投球を披露した中京大・漢人

◆大学野球オータムフレッシュリーグin静岡 第1日 中京大5-4慶大(19日・草薙球場) 

 開幕し、2試合が行われた。中京大の漢人(かんど)友也投手(3年)=常葉大菊川高出=が慶大戦に2番手で登板し、3回1/3を無安打1失点(自責0)に抑える好投を見せた。チームも5―4で競り勝った。慶大は9番・遊撃で先発した杉山勇征内野手(1年)=清水東出=が右前適時打を放つなど、攻守に見せ場を作った。

 中京大・漢人の体内にアドレナリンが駆け巡った。5回、先頭で迎えた慶大の4番は、清原和博氏の長男・正吾内野手(1年)。「(前打席で)タイムリーも打っていたし、意識はありました」。空振り、見逃しで追い込むと低めを振らせて3球三振。「カーブでうまく崩すことができた」と胸を張った。

 味方が逆転した後の7回にも2死無走者で対峙(たいじ)し、再び3球三振。直球と低めの変化球のコンビネーションで、注目の強打者を完全に封じ込めた。「コントロールミスしないことだけを心がけた」。4回2死満塁では3番打者を139キロ直球で見逃し三振に仕留め、火消しに成功。草薙のマウンドは19年オータムフレッシュ以来2年ぶりで、「硬いので最初は合わなかったけど、徐々に修正できた」。かつて夏の県大会を制した思い出の地で躍動してみせた。

 常葉大菊川では1年秋からエースを務め、3年夏の甲子園では16強入り。2回戦の日南学園戦では完封もマークした。最速を147キロに伸ばした右腕は来秋のドラフト指名を見据えている。「プロへの意識はあります。今後は数字として150を出していきたい」。20日は浜松西高、今秋県王者の静岡大と対戦。地元に、進化の爪痕を残す。(武藤 瑞基)

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×