浦和ロドリゲス監督、去るベテラン勢に涙「長い間、全てを出し切ってくれた」有終の美へラストスパートだ

オンライン会見で涙する浦和のリカルド・ロドリゲス監督
オンライン会見で涙する浦和のリカルド・ロドリゲス監督

 浦和のリカルド・ロドリゲス監督(47)がオンライン会見し、今季で現役引退のMF阿部、退団のDF槙野と宇賀神への思いを涙ながらに語った。17年のACL優勝など長年クラブを支えた功労者3人に「すごく愛情を感じている。長い間、全てを出し切ってくれた。(2人の契約満了は)難しい決断だった」。

 今季はリーグ、天皇杯と最大5戦を残し「3人の状況をモチベーションにして、天皇杯優勝、ACL出場を達成したい」。有終の美を飾るべく、ラストスパートをかける。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請