紅白初出場のSnow Man「2年分の僕たちの思いを」昨年は新型コロナ陽性で出場辞退

スポーツ報知
ジャニーズ事務所

 大みそかの「第72回NHK紅白歌合戦」の出場者が19日、東京・渋谷の同局で発表され、人気グループ「Snow Man」が初出場を決めた。

 Snow Manは、昨年1月に「D.D.」でメジャーデビュー。同日にデビューしたSixTONESと切磋琢磨(せっさたくま)し、確固たる人気を築き、昨年の紅白歌合戦に初出場が決まっていた。が、同年12月21日にメンバーの宮舘涼太が新型コロナウイルスに感染。同23日に他のメンバー8人が濃厚接触者に認定されたため、出場を辞退した。

 スケジュールの都合で会見には出席できず、VTRでコメントを寄せたSnow Manは、メンバー全員で「ありがとうございます!」と頭を下げて、喜びをかみ締めた。

 昨年悔しい思いをした宮舘は「去年は僕が新型コロナウイルスに感染してしまい、辞退させていただくことになりました。メンバーもそうですが、ファンの皆様、関係者の皆様、先輩方に励ましのメッセージをたくさんいただきました。今年1年はその言葉を胸に去年立てなかった紅白歌合戦のステージを目標として頑張ってまいりました。この1年の夢をSnow Man、ファン、関係者の方々とかなえたいなと思い、頑張らせていただきます」と力を込めた。

 また、リーダー・岩本照は「まだまだ予断の許さない状況が続いておりますので、しっかり感染対策や準備をし、2年分の僕たちの思いを全国のみなさんに届けたいと思っています」と意気込んだ。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×