【大学野球】京大新監督に元ソフトバンク・近田怜王氏「選手とともに指導者として成長していけたら」

近田怜王氏
近田怜王氏

 元ソフトバンク投手で、関西学生リーグ・京大の近田怜王助監督(31)が18日付で監督に就任したことが分かった。青木孝守前監督(67)は同日付で総監督に就任。近田監督は「選手とともに指導者として成長していけたら。元気良く、思い切って、私学さんにチャレンジャーとして挑んでいきたい」と抱負を述べた。

 近田監督は報徳学園(兵庫)で甲子園に3度出場し、08年ドラフト3位でソフトバンク入団。プロ4年間で1軍出場はなく12年に退団した。その後は、社会人のJR西日本でプレーし、15年限りで引退。17年に京大の臨時コーチに就任し、20年8月から京大助監督を務めていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請