【巨人】山下航汰が退団…育成契約よりも他球団で支配下契約目指す

山下航汰
山下航汰

 巨人の育成選手・山下航汰外野手(21)が自由契約となり、退団することが18日、分かった。球団は来季も育成契約を提示する方針だったが、他球団で支配下選手契約を目指す本人の意思を尊重し、背中を押すことになった。今後はトライアウトの受験も視野に入れて移籍先を模索していく。

 山下は1年目の19年7月に育成選手から支配下登録され、背番号が「009」から「99」に昇格。同9月4日の中日戦(前橋)で祖父江からプロ初安打を放った。同年イースタン・リーグ90試合、打率3割3分2厘で首位打者に輝き、高卒1年目のファーム首位打者はイチロー以来27年ぶりという快挙を成し遂げた。

 2年目の昨年は開幕直前まで1軍で一塁スタメン争いに加わるも、右手首付近の有鈎(こう)骨骨折で離脱して手術。その後、右肘も痛めて1軍出場なしに終わった。その影響もあり、今年から再び1軍公式戦に出場できない育成選手となり背番号「099」に。主にアマチュアと試合を行う3軍では48試合で打率3割6分6厘も、2軍公式戦は21試合出場に終わった。

 10月のフェニックス・リーグでは力強い打球を放つなど体調は万全。山下が新たな挑戦に乗り出す。

 ◆山下 航汰(やました・こうた)2000年11月15日、大阪・柏原市生まれ。21歳。群馬・高崎健康福祉大高崎高で17年センバツ出場。高校通算75本塁打。18年育成ドラフト1位で巨人入団。チームでは戸郷らが同い年。1軍通算12試合、12打数2安打、打率1割6分7厘、0本塁打、0打点。174センチ、83キロ。右投左打。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請