「カムカムエヴリバディ」ヒロイン上白石萌音が紅白初切符…16年歌手デビュー、確かな歌唱力

上白石萌音
上白石萌音

 NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(月~土曜・前8時)のヒロインを務める女優の上白石萌音(23)が、大みそかの第72回NHK紅白歌合戦(後7時半)初出場の切符をつかんだ。出場歌手は19日にも正式発表される。

 16年に声優を務めたアニメ映画「君の名は。」(新海誠監督)の主題歌「なんでもないや」などを収録したミニアルバム「chouchou」で歌手デビュー。母親が音楽の先生だった影響で、2、3歳の頃から音楽が身近な環境で育った。その影響もあってか、抜群の歌唱力を誇り、多数の音楽番組やミュージカルで経験を積んだ。現在は福岡・博多座で上演中のミュージカル「ナイツ・テイル―騎士物語―」(堂本光一、井上芳雄共演、29日まで)に出演している。

 今年は6月にリリースした、1970~90年代の歌謡曲を収録したカバーアルバム「あの歌―1―」「あの歌―2―」が好調。同局への貢献度も高く、8月のNHK総合「ライブ・エール」で坂本九さんの「上を向いて歩こう」を披露。10月末に放送されたNHK音楽番組「わが心の大阪メロディー」では司会に初挑戦し、歌い手としても、さだまさし(69)と「秋桜」をコラボ歌唱していた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請