【オリックス】育成2位の園部佳太が仮契約「今日という日を忘れずに、はいあがっていきたい」

オリックスと仮契約を結んだBC福島の園部内野手(左)
オリックスと仮契約を結んだBC福島の園部内野手(左)

 オリックスから育成2位で指名されたBCリーグ・福島レッドホープスの園部佳太内野手(22)=いわき光洋出=が、福島・郡山市内のホテルで入団交渉に臨み、支度金300万円、年俸240万円(金額はともに推定)で仮契約を結んだ。

 177センチ、88キロの園部は高校通算48本塁打と長打力が魅力。また遠投は95メートル、50メートル走は6秒ジャストと、走攻守の三拍子そろった選手だ。宮田隆GM補佐は「今年1年、園部選手を担当として見てきた。(BC福島の)岩村監督の厳しい指導の下、成長する姿を見てきた。必ずや支配下を勝ち取り、1軍に貢献してくれる」と期待を込めた。

 20年育成5位で入団した仙台大出身の佐野如一外野手は、キャンプから猛アピールを続け、21年3月に支配下登録を勝ち取った。同GM補佐から、佐野外野手の例なども説明された園部は「支配下で入った訳ではない。今日という日を忘れずに、はいあがっていきたい。走攻守で活躍したい」と意気込んでいた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請