【ロッテ】マリーンズ・ジュニア出身のドラフト2位・池田来翔が仮契約「井口監督のような選手に」

スポーツ報知
ロッテと仮契約を結んだ国士舘大・池田はマリーンズジュニア時代の写真を手に笑顔をみせた

 ロッテからドラフト2位で指名された国士舘大・池田来翔(らいと)内野手(21)が18日、千葉市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金7000万円、年俸1200万円(金額はいずれも推定)で仮契約を結んだ。

 千葉出身で小学校6年時にマリーンズ・ジュニアに選ばれて縦じまのユニホームを着てプレーした池田は「もう1回、このユニホームを着たいと思っていました。このユニホームでプレーできるのは喜びを感じます」と笑みを浮かべた。

 180センチ、95キロの大型二塁手は「右方向への長打力、足の速さ、堅実な守りをアピールしていきたいです」と目標を掲げ、「井口監督のような選手になりたいです」と日米で二塁手として活躍した指揮官の名を挙げた。

 ロッテの二塁には主将の中村奨がどっしりと座るほか内野手の層は厚い。永野育成・スカウト部長は「右打ちの内野手として長打力もあるし脚力もあって三拍子そろった選手。レギュラーの二塁には主将の中村奨もいるので、その辺との戦いになると思います。競争が激しいチームほど成績はよくなると思いますので、来年勝負できるくらい準備してほしい」と期待をかけた。

  来翔(らいと)の名前はNTT東日本で主将も務めた父・真樹さんのポジションが右翼だったことが由来。この日の会見を見守った父は「うれしさと不安が重なりあっています」と感慨深げだった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請