ジャニーズJr.主演舞台でジャニーさんの思い次世代へ伝える…来年1月「ジャニーズ・アイランド」

スポーツ報知
「ジャニーズ・アイランド」の製作発表でガッツポーズする20人のジャニーズJr.

 ジャニーズJr.が主演を務める舞台「ジャニーズ・アイランド」(2022年1月1~26日、東京・帝国劇場)の製作発表会見が17日、都内で行われた。

 ジャニー喜多川さん(享年87)が自身の集大成として12年に初演した舞台。シリーズ11作目となる今回は、サブタイトルが「THE NEW WORLD」に決定。演出を担う同事務所の滝沢秀明副社長(39)は「今のジュニアが、ジャニーさんに教えてもらったことを次世代へ伝える場」と命名理由を説明した。

 6月に入所した11歳から、最年長の「7 MEN 侍」の中村嶺亜(24)まで、平均年齢16.9歳(22年1月時点)の68人全員が座長を務める。生前ジャニーさんから直接指導を受けてきた「HiHi Jets」の高橋優斗(22)は「ジャニーさんと僕らの思いをのせていきたい」と自覚を示した。

 劇中で重要になるのが「戦争」の描写だ。自身の体験や記憶を基に構成していたジャニーさんから滝沢氏も教えを受けたが、「体験していないので、どうすればいいか」。悩んだ末、鹿児島・南九州市の知覧特攻平和会館に連絡。特攻隊員の手紙や資料を借り、読み込んだ。「母親や好きな人へのメッセージがピュアで、決して後ろ向きじゃないものに、心を打たれました」世代を超えて語り継いでいかなければならないものを、新春の舞台に込める。(田中 雄己)

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請