【DeNA】新人左腕・高田琢登が20万円増の490万円でサイン 2軍1登板も「良い1年になりました」

高田琢登
高田琢登

 DeNAの高田琢登投手(19)が17日、横須賀市の球団施設「DOCK」内で契約更改に臨み、20万円増の490万円でサインした。

 静岡商高から20年ドラフト6位でDeNA入りした左腕。1年目の今季は、6月17日のイースタン・楽天戦(横須賀)で実戦デビューし、1回無安打無失点1三振の3者凡退で抑え、最速148キロもマークした。だが、8月2日に左肩のクリーニング手術を受けて、対外試合登板は1試合のみに終わった。

 ルーキーシーズンを振り返った高田は「怪我が多いシーズンになってしまったのですが、試合で1イニング投げさせていただいて、プロ野球のレベルの高さを感じることができ良い1年になりました」。来季へ向けては「まずは怪我を治すこと、そして怪我をしない体作りを第一に取り組んでいきたいです。1年間怪我をせず試合で投げきることはもちろんですが、少しでもチームに貢献できるようなピッチングをしたいと思います」と意気込みを口にした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請