【巨人】若手主体で秋季練習、午前・午後の2部練…ベテラン主力は自主調整

秋季練習で、全体アップに入る1軍から3軍までの選手たち
秋季練習で、全体アップに入る1軍から3軍までの選手たち

 巨人が17日、ジャイアンツ球場で若手主体の秋季練習を行った。

 12日にCS敗退後、原監督ら1軍首脳陣、選手は前日16日にG球場で集合。新たに就任したコーチがあいさつして再始動した。

 この日からベテラン、主力は自主調整となった。原監督はコーチ陣に練習を任せて不在で、全体練習の参加最年長は高梨雄平投手(29)。若手を中心に育成選手も含めて1、2、3軍混合で練習した。

 野手は午前は屋外グラウンドでの守備班、室内練習場での打撃班に分かれて練習。昼食をはさみ、今度は午前に守備の班が打撃、午前に打撃の班が守備と入れ替わり午前午後「2部練」の形でたっぷり練習した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請