生駒、最終回に詰め寄られるも大会3連覇達成!…第21回奈良万葉大会

スポーツ報知
大会3連覇を決めて喜ぶ生駒ナイン

◆第21回奈良万葉大会 ◇中学生の部▽決勝 生駒ボーイズ6―4大阪狭山ボーイズ(13、14日・上野公園野球場他)

 「第21回奈良万葉大会」は生駒ボーイズ(奈良県支部)が優勝、大会3連覇を飾った。

 終盤に、生駒打線が躍動した。1―1の6回無死二塁から、森が「それまでダメだったので、絶対に打ってやるという気持ちだった」と右越えへ勝ち越し三塁打。なおも松田、石井主将が適時打を放った。

 7回にも1死三塁から松田が左前へタイムリー。柴田もスクイズを決め、リードを広げた。最後は先発・松田が2失点したが逃げ切り。投打に活躍し、MVPに選ばれた右腕は「みんなが助けてくれた。優勝と最優秀選手賞は素直にうれしい」と胸を張った。

 最後は詰め寄られたが大会3連覇を達成。「最初はみんな硬かったが、6回はうまく打線がつながった。チームも自分もこの大会で成長したと思う」と石井。先輩らに続いた優勝の先には、無限の可能性が広がっている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請