大阪交野、最終回2死満塁の危機を耐えて1点差守り優勝!…第5回大阪東ボーイズ大会

スポーツ報知
優勝を決め喜ぶ大阪交野ナイン

◆第5回大阪東ボーイズ大会 ◇中学生の部▽決勝 大阪交野ボーイズ3―2大阪八尾ボーイズ(13日・大阪シティ信用金庫スタジアム)

 「第5回大阪東ボーイズ大会」は13日、決勝が行われ、大阪交野ボーイズが優勝した。ホスト・大阪東ボーイズ(ともに大阪北支部)は健闘したが、準決勝で涙をのんだ。

 耐えたぶんだけ、喜びは大きくなった。1点差の7回の守備。2死満塁の危機を迎えたが、マウンドの辰口は最後の打者を投飛に打ち取る。「よかった。真っすぐで押し切ろうという強い気持ちで投げられた」。自らウィニングボールをつかみ取った右腕の元へ、大阪交野ナインが笑顔で駆け寄った。

 初回に1点を先制されたが、3回に反撃に転じた。相手エラーで同点に追いついた直後の無死二、三塁から、吉岡が「好機をつくってくれたので4番として、絶対に走者をかえすつもりだった」と左越えへ勝ち越しの2点二塁打を放った。

 このリードを、鉄壁の守備陣が守り切った。磯部監督が「辛抱しながら粘り強く戦えた。選手同士がカバーし合えたのが大きかった」と言う通り、再三、危機を迎えたが、必死のプレーを披露。5回の内野ゴロの間に奪われた1点のみに抑えたのが、勝利につながった。

 大阪中央支部の強豪を接戦で下しての優勝だけに、杉若主将も「競った試合で弱さが出るチームだったが、この大会で克服できた。競り勝てる強さが身についたと思う」と笑み。この一勝で、優勝旗だけでなく大きな自信もつかんだようだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請